GREENBUILDINGに関するお問い合わせこちら


環境情報

既存建築物省エネ推進事業公募開始

平成29年度 既存建築物省エネ化推進事業の公募開始のお知らせ


国土交通省において平成29年4月24日から
「平成29年度(第1回)既存建築物省エネ化推進事業」の公募が開始されました。


1) 対象事業の種類
既存のオフィスビル等の建築物の改修(非住宅)
※ 躯体(外皮)、建築設備の省エネルギー改修に関するものを対象とします。
※ 省エネルギー改修に加えて、バリアフリー改修を行う場合も対象とします。
※ 工場・実験施設・倉庫等の生産用設備を有する建築物の改修、後付の家電等の交換等は対象外とします。


2) 主な事業要件
(1) 躯体(外皮)の省エネ改修を行うものであること。
(2) 建物全体で15%以上のエネルギー削減効果が見込まれる改修工事を実施するものであること。
(3) 改修後に一定の省エネルギー性能に関する基準を満たすこと。
(4) 改修後の建築物の省エネルギー性能を表示すること。
(5) 省エネルギー改修工事とバリアフリー改修工事に係る事業費の合計が500万円以上であること。
(6) 平成29年度中に着手するものであること。


3) 補助対象費用
① 省エネ改修工事に要する費用
② エネルギー使用量の計測等に要する費用
③ バリアフリー改修工事に要する費用(省エネ改修工事と併せて行う場合に限る)
④ 省エネルギー性能の表示に要する費用


4) 補助率・補助限度額
補助率 1/3(上記の改修を行う建築主等に対して、国が費用の1/3を支援)
補助限度額 5,000万円/件(設備改修に係る補助限度額は2,500万円まで)
※バリアフリー改修を行う場合は、当該改修に係る補助額として2,500万円を限度に加算。(ただし、バリアフリー改修に係る補助額は省エネ改修に係る補助額以下)
なお、平成29年度の募集では、建築物の改修による省エネ効果に応じて設定した標準単価によって簡易に補助金額を算定する方法(標準単価方式)でも応募可能となります。詳細は募集要領の「2.3 補助額」を参照ください。


5) 公募期間
平成29年4月24日(月)~平成29年6月2日(金) ※消印有効
(注)事業の詳細については、募集要領をご覧ください。


事業登録について、事業登録フォーム、募集要項、申請様式や留意点につきましては下記のURLをご参照・お申込みください。
http://hyoka-jimu.jp/kaishu/


※平成29年度は、現時点では2回の公募を予定しています。第2回公募の時期は未定です。


20170425.jpg

既存建築物省エネ化推進事業とは?
建築物ストックの省エネ改修等を促進するため、民間等が行う省エネ改修工事・バリアフリー改修工事に対し、
改修後の省エネ性能を表示することを要件に国が事業の実施に要する費用の一部を支援するものです。

e000203

Recent Entry

鎌田紀彦氏+森みわ氏 講演会 @盛岡

2018.09.28 鎌田紀彦氏+森みわ氏 講演会 @盛岡

11月9日に東北住建株式会社主催にて「100年後にも通用するエコハウス」というテーマで講演が開催されます

建産協ZEHづくり資料公開

2018.06.21 建産協ZEHづくり資料公開

2018年6月建産協がZEHづくりの参考となる資料をダウンロードできるよう「ZEHのつくり方」を公開しました。

もとのす スタンダード

2018.05.23 もとのす スタンダード

「素直な家で 丁寧な暮らし」をコンセプトに掲げた新プロジェクト<もとのす スタンダード>がスタートします!

ドイツ建築大賞2017受賞記念

2018.05.22 ドイツ建築大賞2017受賞記念

2018年6月5日~大阪、福岡、東京にて「持続可能な省エネ・木造建築 自然と調和する建築デザイン」Bigセミナー2018が開催されます。

ZEH+実証事業公募情報

2018.05.01 ZEH+実証事業公募情報

経済産業省は平成30年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業について「ZEH+実証事業」の提案応募を開始しました。

Categoly archives

Monthly archives


ページトップへ

  • CHANNEL ORIGINAL
  • PASSIVEHOUSEJAPAN
  • 建もの省エネ×健康マップ
  • 環境とCSRと志のビジネス情報誌オルタナ
© Green Building 2013