GREENBUILDINGに関するお問い合わせこちら


ローヤル電機 第一種換気装置 SE200R

換気の必要性

2003年7月施行のシックハウス規制(換気回数0.5回/h以上の換気設備の設置義務化)によって換気設備は
24時間換気が必ず必要な設備として位置付けられました。
また高断熱化・高気密化が進む住宅において換気が不十分だと、カビが発生したり病気になったりする可能性があるため、
24時間換気が必要とされています。

換気が不足していると以下のような症状を引き起こします。

換気の種類について

暖房器具で温めた(冷房器具で冷ました)室内空気の熱エネルギーを排気によって捨ててしまう第二種・第三種換気に比べ、
給排気時に熱交換を行う第一種換気は環境にも家計にも優しい換気システムです。

換気の種類



Windows


Blinds/Screens
ブラインドスクリーン


WaterproofSheets
防水シート・副資材


Doors
玄関ドア


VentilationSystems
換気システム



ページトップへ

  • CHANNEL ORIGINAL
  • PASSIVEHOUSEJAPAN
  • 建もの省エネ×健康マップ
  • 環境とCSRと志のビジネス情報誌オルタナ
© Green Building 2013