GREENBUILDINGに関するお問い合わせこちら

EXTERNAL VENETIAN BLINDS
屋外用横型アルミブラインド
最も効果的に太陽光をコントロールできる方法のひとつ「外付けブラインド」耐久性に優れたベネチアンブラインドのご紹介。

Slats(羽根)の素材とサイズ、デザインカラー6種の基本色のラインアップ(オプションで特注色も対応可能)

EXTERNAL VENETIAN BLINDS
羽根サイズ #80,#100
材質 アルミニウム(ヘッドボックス・羽根・ボトムレール)
製作単位 10mm単位
動作適応温度 -25度~60度
製作可能寸法 W650~4000mm、H500~5000mm
※製作可能㎡ 20㎡

デザインカラー6種の基本色
(オプションで特注色も対応可能です。詳しくはお問合せください)
・White
・Light Silver
・Silver Pearl
・Storm Pearl
・Bronze
・Dark Brown


EXTERNAL VENETIAN BLINDS

最高品質の羽根を求めて
ブラインドのメイン部分である羽根は、紫外線・風・雨水・汚れをダイレクトに受けるパーツであり、ブランド機能を担う部品であるため、最も高い耐久性が求められます。 エクスターナルベネチアンブラインドは従来の羽根製作工程を一から見直し最高品質の羽根の製作を可能にしています。



ブルコーティング処理

従来の塗装方法ではアルミ板を塗装して羽根サイズにカットするという工程のみでした。 しかしその方法だとカット部分は未塗装となり、未塗装部分から腐食してしまうという欠点がありました。 エクスターナルブラインドはその欠点をなくすために、カット後さらにエッジ部分・穴部分を塗装するという工程2重工程にしました。 この2重工程は、非常に手間で羽根幅に合ったレーンをくまくてはならず、 コスト面では負担でしたが、この手間を施すことにより長く美しくご使用いただくことが可能になりました。

フレキシブルな柔軟性と耐衝撃

エクスターナルブラインドの羽根は風に対して羽根が曲がらないよう頑丈に作るのではなく、 強風時は風を受けて曲がっても元に戻る柔軟性をもつように作られていいます。 柔軟性のあるアルミ合金で作られており、形状はフラットでねじれや衝撃に強く作られています。

耐久性と耐スクラッチ

羽根は厚さ0.45mm。そこに航空機部品や船舶部品などで採用されているクロム酸塩処理をほどこします。 (アルミニウム合金の耐食性、塗装下地をもう敵とした化学皮膜処理です。) そしてポリエステル三層コイルコーティングを塗装するので、耐久性・耐スクラッチにも非常に優れています。



ページトップへ



エクスターナルベネチアンブラインドの最高品質の耐久性と洗練されたデザイン

酷暑でも極寒の環境でも使用していただく為、各パーツに高い耐久性とディテールのデザインを追求し、最高品質の屋外ブラインドを実現しました。 余計な物を省き極力シンプルにすることにこだわったデザインはメンテナンス性能も高め、様々な建物にマッチする洗練されたデザインは単なる日射遮蔽機能だけでなく建物のデザイン性を高めることを可能にします。

EXTERNAL VENETIAN BLINDS



エクスターナルベネチアンブラインドのパーツ
「ヘッドボックス」

EXTERNAL VENETIAN BLINDS
エクスターナルティンバーベネチアンブラインドのヘッドボックスと取付ブラケットは耐錆性と強度を出すために アルミニウム材の押出形成で作られ、腐食を防ぐ為にアルマイト加工を施しています。 アルミニウムは錆びないと考える方もいらっしゃいますがアルミニウムもいずれ腐食します。 腐食が進むとヘッドボックスの強度が落ち、曲がったりねじれたりする現象が起き、故障の原因となります。 ヘッドボックス・取付ブラケットはブラインド本体の重量がかかると共に 大切なパーツを保護する部分ですので強度が落ちるようなことがあってはなりません。

このヘッドボックスは上向きではなく、下向きに付けられています。 屋外で使用するため上向きで使用すると朝露で水がたまったり埃がゴミが入ると故障の原因となります。


エクスターナルベネチアンブラインドのパーツ
「ダブルスプリングブラケット」

EXTERNAL VENETIAN BLINDS
屋外ブラインドは屋内ブラインドとは異なり風によりブラインドが動かないようにすることが必要です。 その為、屋外ブラインドはケーブルをブラインドボックスから羽根を通して固定する必要があります。 ある程度の風にも耐えうる必要があることからケーブルはしっかりとテンションをかけ固定します。 ケーブルを直接ヘッドボックスに固定するのではなく、ダブルスプリングブラケットを使用します。 ダブルスプリングブラケットは、頑丈なバネが2つついた部品でヘッドボックス内の両サイドに装着されケーブルを支えます。 ケーブルの先端はきのこ型になっていて、ダブルスプリングブラケットの上端に引っ掛けて羽根を通り下部のターミネーションに固定します。

建物は地震などにより揺れが生じます。その際、テンションのひっかかったケーブルを固定していると 上下の固定部でケーブルが引っ張られ、固定箇所が破損したりケーブルが切れたりする恐れがあります。 このブラインドはスプリングを使用することで建物の揺れによる過度のテンションを吸収し、ブラインド本体と建物が破損することを防ぎます。 ※吸収できる揺れには限度があります。


エクスターナルベネチアンブラインドのパーツ
「リフティング&チルティングデバイス」

EXTERNAL VENETIAN BLINDS
ラダーコードを繋いで羽根の角度調整動作を行い、リフティングテープを巻き取り ブラインド昇降を行うパーツがリフティング&チルティングデバイスです。 ブランドの重量は吊元である部分に負荷がかかり、風が吹いた際はより強い負荷がかかります。 このパーツは人間でいう関節のような部分でブラインドの羽根の関節と昇降という大切な役割を担っています。 従来の構造を見直し、飛躍的に強度を増した部品を使用することにより、これまでにない確かな開閉とブラインドを支える強度アップを実現しました。 リフティングテープも従来の6mmから10mmへと幅広にしたことで、より大きなサイズを昇降することを可能にしました。


エクスターナルベネチアンブラインドのパーツ
「ラダーコード」

EXTERNAL VENETIAN BLINDS
ラダーコードは羽根を固定し支える役割を担います。風が吹いた際は羽根を支えるラダーコードにかなりの負荷がかかります。 そしてラダーコードは度重なる羽根の昇降や角度調整が行われるので、耐久性と柔軟性が必要となります。 そのため、ラダーコードは耐久性を高めたポリエステル繊維で作られています。 屋内のブラインドで使用されるラダーコードに比べより太く頑丈に編み込まれていることも特徴のひとつです。 エクスターナルシェードはさらなる強度を高めるために、ラダーコードの芯材としてケブラー繊維を採用し引張の強さを高めています。


エクスターナルベネチアンブラインドのオプションパーツ
「ペルメット」

EXTERNAL VENETIAN BLINDS
ブラインドの収納スペースを建築の際に作らなくても、 ペルメット(ブラインドボックス)を使用することでブラインドをしっかり保護することが可能です。 ペルメットは天付け・壁付けの両方に対応し高さはブラインドサイズに応じて延長することも可能です。


ケブラー繊維とは?

アラミド繊維のひとつで鋼鉄の5倍の引張り強度や耐熱・耐摩擦性が高いです。 切創や衝撃にも強いことから、エンジニアリングプラスチックとしてスチールワイヤー、ガラス繊維などに置き換えられて利用されています。 船体、飛行機、自転車、ヨットの帆、特殊な用途ではボディアーマー防刃ベストなどに使用されていることからも高い強度を保有していることがわかります。




ページトップへ



製品に関する資料請求・お問合せ

下記問合せフォームから送信後、メールにて自動返信が届きますので受信をご確認くださいますようお願いします。
後日担当者から連絡させていただきます。どうぞお気軽にお問合せください。

会社名 / 個人名
ご担当者のお名前(法人用)
電話番号
郵便番号 ※資料送付をご希望の場合は必ず住所をご入力ください。
住所
メールアドレス
お問合せの製品名
ご意見・ご質問・その他



Windows


Blinds/Screens
ブラインドスクリーン


WaterproofSheets
防水シート・副資材


Doors
玄関ドア


VentilationSystems
換気システム



ページトップへ

  • CHANNEL ORIGINAL
  • PASSIVEHOUSEJAPAN
  • 建もの省エネ×健康マップ
  • 環境とCSRと志のビジネス情報誌オルタナ
© Green Building 2013