GREENBUILDINGに関するお問い合わせこちら

GB NEWS


2022.8.19
2022.8.19

性能と素材、そこに表現される建築の未来-秋田視察レポート

2022年4月27日のチャネル通信では、秋田県に拠点を構える〈もるくす建築社〉様のグリーンビルディング視察をレポートさせていただきました。前回は「性能」を中心にご紹介しましたので、今回は「素材」に着目し、視察時に開かれた佐藤社長のセミナー内容から2つの建築を紐解いてまいります。

チャネルサイトで続きを見る

2022.8.12

STEICO(シュタイコ)

STEICOは、原料に針葉樹の端材を使用した木繊維断熱材です。接着剤やホルムアルデヒドなど、防蟻処理も含めて有害な化学物質は一切使用していません。高い調湿作用によって、夏の蒸し暑さ、冬の結露を防ぎます。

WEBカタログを見る

2022.8.12

CURATIONER キュレイショナー

キュレイショナー高性能木製サッシ山崎屋木工製作所 ぬくもりのある長野県産の唐松を採用。贅沢なマテリアルで作り上げられた高断熱高性能木製サッシのご紹介です。

WEBカタログを見る

2022.8.4

WURTH ウートップサーモファサード

高い防水性と防風性を誇る、高耐久透湿防水シート。外部からの水の侵入を防ぐことにより躯体を守るとともに、透湿・調湿性能も発揮します。最大50mmのピッチを開けた外壁施工が可能ため、ファサードラタン(すのこ状外壁)間にスペースをとった新しい木の外観を実現します。

WEBカタログを見る

2022.7.15

カネカ カネライトフォーム

優れた断熱性能を持ち、気泡が熱を遮るため結露を抑制。吸水・吸湿性がほとんどなく断熱性能の劣化を防ぎます。ノンフロン・PRTR法対象物質の使用を取りやめ、更にホルムアルデヒドを含まず人と地球にやさしく安全性に優れています。 カネライトフォームを最適なサイズにカットしてお届けする「床断熱割付システムプレカット」では、“工期短縮“、”コスト削減”、“品質安定”と施工現場を変えるメリットも期待できます。

WEBカタログを見る

2022.7.15

カネカ カネライトフォームFX

環境にやさしいノンフロンの断熱材です。輻射伝熱抑制技術に加え、高断熱性の発泡剤を高濃度に分散することで、熱伝導率0.022W/(m・K)を達成しています。カネライトフォームシリーズの中でも高い断熱性を誇り、住宅の更なる高性能化に貢献します。

WEBカタログを見る

2022.7.15

カネカ カネライトフォームスーパーEX

「発泡剤のノンフロン化」「F☆☆☆☆認定」の、人にも環境にもやさしい断熱材です。熱伝導率は0.024W/(m・K)と、優れた断熱性能を有しています。押出法ポリスチレンフォームならではの低吸水性・低吸湿性によって、劣化や断熱性能の低下も防ぎます。

WEBカタログを見る

2022.7.4

GB通信更新 『伝統と温熱』-けんちくや前長が示す、これからの木造建築

GB通信に新しい記事をアップしました。 『『伝統と温熱』-けんちくや前長が示す、これからの木造建築』 詳細は上記リンクよりご覧いただけます。

続きを見る

2022.7.4
2022.7.4

『伝統と温熱』-けんちくや前長が示す、これからの木造建築

栃木県さくら市にて、伝統的な木組みと高気密・高断熱を融合したHEAT20 G3レベルの建築が完成しました。

チャネルサイトで続きを見る

2022.4.27

GB通信更新 秋田で体感するグリーンビルディング-視察レポート

GB通信に新しい記事をアップしました。 『 秋田で体感するグリーンビルディング-視察レポート 』 詳細は上記リンクよりご覧いただけます。

続きを見る


ページトップへ

  • CHANNEL ORIGINAL
  • PASSIVEHOUSEJAPAN
  • 建もの省エネ×健康マップ
  • 環境とCSRと志のビジネス情報誌オルタナ
© Green Building 2020